社会福祉士は、介護福祉士とともに、わが国で初めて誕生した社会福祉専門職の国家資格です。
担う役割は、「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められており、
主として、高齢者や障害者など、福祉ニーズをもつ者に対する相談援助を業とします。
彼らのニーズを受容し、彼らの利益と権利を護るとともに、自立(自律)支援のため、
他の福祉サービス関係者等と連携しながら専門職としての知識や技術を駆使する
社会福祉援助(ソーシャルワーク)の実践を展開しています。

「社会福祉士」は法律上の名称であり、資格の名称がそのまま職種の名称になるとは限りません。
例えば、福祉事務所ではケースワーカー、社会福祉施設では生活相談員、社会福祉協議会では福祉活動専門員、
医療機関では医療ソーシャルワーカー(MSW)などと呼ばれています。

社会福祉士通信学科 2019年度の募集日程はこちら